視線について

2015.03.25 Wednesday

0

    とかく日本人は左から右に視線が動きます、それを利用し(例えば雑貨店の入り口)入り口の左側のスペースに、一番左に一番高い物、その次に中位の値段の物、一番右端に一番値段が安い物(大きなかご等にがさっと置く事で割安感を演出出来ます。)を置けば、「もっと安いものが中にあるのでは」という心理が働き店内に誘導しやすくなります。

    コメント
    コメントする