入りやすい店内と入りにくい店内

2015.03.28 Saturday

0

    小売店などで、店内の空気が全く動いておらず、静まり返った店などは心理的に中に入り難くなります。また品物の単価が高いブランドショップなどは、子供などが軽々しく入って貰いたくない雰囲気を出す為、逆に店員はじっとしている傾向にあります。取り扱う品物の単価や性質によって店の雰囲気を変化させる必要も出てくるでしょう。

    コメント
    コメントする